長さにも注目!似合うデザイン選び

結婚指輪は毎日つけているものなので、自分の手をきれいに見せてくれるデザインを選びたいですよね。手にコンプレックスを抱いている人は少なくありません。特に指が太いからと、最初から指輪が似合わないと決めつけてしまう人は意外に多くいます。リング選びで大切なのは、自分にあったデザインの結婚指輪を選ぶことです。
まず、太くても指が長い場合、とても安定感のある手をしているので、大人っぽい雰囲気を演出することが出来ます。長所である長さを活かすためには、細くてシンプルな指輪ではなく、ボリュームのあるデザインを選ぶときれいに見えます。幅がある指輪や、凝ったデザインや彫りのある指輪も手を魅力的に見せてくれるでしょう。

短い人にお勧めのデザイン

太くて指が短いタイプの手には、ラインにポイントを置きましょう。シンプルでストレートなラインは、指の太さが強調されます。指輪のラインに変化をつけると、指を細く見せる効果もあります。
細めのU字やV字、S字など変化のあるデザインを選びましょう。また、ポイントに宝石が入っているものや、数個並んだ宝石の入ったデザインも視線がポイントとなる宝石に行くことで、太さを感じさせません。他にも、一見重ね付けしているように見えるデザインのものや、2色使いのもの、ひねりの入ったデザインの指輪などもおすすめです。
結婚指輪はシンプルなものを選んでしまいがちですが、手をきれいに見せるためだけではなく、二人ならではのオリジナリティのある指輪を身につけるのも素敵ですよ。

結婚準備は、両家の顔合わせや式場選び、新居の契約などに時間が掛かるため、念入りに計画を立てる必要があります。