アレルギーの出にくい金属は?

金属アレルギーは汗に金属が溶け出し、金属イオン化することで出ます。なので、汗に溶けにくいプラチナや金はアレルギーが出にくいと言われています。しかし、プラチナや金だけでは強度が弱いため、他の金属を混ぜ込んで作られている場合が多く、プラチナや金の指輪を購入してもアレルギーが出てしまう場合もあります。
チタンやジルコニウムなどのレアメタルもアレルギーが出にくい金属です。さらに、強度がとても強いので他の金属を混ぜ込む必要も無いので安心です。しかし、強度が強いが故に加工が難しいうえに希少な物なので、他の金属よりも高価になります。また、アレルギーが出にくいと言っても、レアメタルも金属である以上は、出てしまう可能性があります。

自分の体質に合わせて金属を選択しよう

結婚指輪を購入するときに、金属アレルギーが心配だという人は、皮膚科でアレルギー検査を受けることをおすすめします。そうすれば、現在金属アレルギーがあったとしてもどの金属でアレルギーが起きるかが分かるので、その金属の指輪を避けることができます。さらには、指輪を付け続けると新たに別の金属でアレルギーが起きてしまう可能性もあります。それを回避するために、自分達の予算に合う中で、最もアレルギーの出にくい金属を選べば、金属アレルギーの症状が出る確率を低くすることができます。
特に女性の場合は、家事などで水に触れる機会が増えます。そうすると金属アレルギーを引き起こす要因になることもあります。なので、ただ単にアレルギーの出にくい金属を選ぶよりも、自分がどの金属でアレルギーが出る可能性があるのかを事前に知っておくと、より安心して付けることのできる指輪を選ぶことができます。

結婚指輪を大阪で探す時は人気のブランドの専門店が多く、好みに合わせて内容を比較して選べることがメリットです。